どこにでもいるSEの備忘録

たぶん動くと思うからリリースしようぜ

「チームのあるべき状態」と「そのための施策」に関するメモ

エンジニアリング組織についてまだまだ勉強していきます。

過去に、リーダーはどうあるべきか、マネージャー・管理職はどうあるべきかについてはふわっと勉強してみました。

www.nogawanogawa.work

www.nogawanogawa.work

今回は、視点をちょっと変えて、組織の生産性について勉強します。 組織の生産性を最大化するためにどんなことに気をつければよいか、その時のマネージャー・プレーヤーの立場からやるべきことはなにかについて勉強します。

参考にしたのはこちらです。

本書のテーマとしては「心理的安全性」について、主に書かれています。 今回はその「心理的安全性」を踏まえて、良いチームの状態とはどういう状態かについて勉強していきます。

続きを読む

HoloLens 2にPCから通信する方法について調べる

この前、HoloLens 2とPCとの間の視界共有に関して調べていました。

www.nogawanogawa.work

Miracastなどを使用すれば、比較的簡単に視界を共有できそうだということはわかりました。 これができると、今度はHoloLens 2に対して外部から制御信号を送って、HoloLensに表示されるコンテンツを操作したくなります。

こちら、調べてみたんですが、HoloLens 2に関する情報は出てきませんでした... 考えてみれば、スマートフォンも外部デバイスから普通は操作できませんし、普通はできないのだと思います。 でも、どうにかして外部から操作できる方法を、調べてみたので今回はそのメモです。

続きを読む

HoloLens 2 のアイトラッキング機能のサンプルを動かす

最近、HoloLens 2の技術調査をやってました。今回もHoloLens関連になります。

www.nogawanogawa.work

www.nogawanogawa.work

HoloLensの初代とHoloLens 2の大きな違いとして視線追跡(アイトラッキング)機能があります。 アイトラッキングは個人的にあまり馴染みがないので、今回はどんなふうにしたら使えるのか、サンプルプログラムを動かしながら確認してみたいと思います。

続きを読む

HoloLens 2の視界共有の方法について調べる

この前はHoloLensにちょっとだけ入門してみました。

www.nogawanogawa.work

どうやら、実空間に3Dオブジェクトが投影でき、それを(使いやすいかどうかはおいておいて)直感的に操作することができるっぽいということを確認しました。

ただ、周りの人からはHoloLensを装着した人間の視界は見えないので、普通に使ってるとただの変な人になってしまします。 そのため、HoloLensを持たない人とHoloLensを持つ人が協調作業をする際には、何らかの方法で視界を共有する必要があります。

そんなわけで、今回はHoloLensと他の他のデバイス間で視界を共有する方法について調べてみます。

続きを読む